部屋を綺麗にする為に必要な情報を知りたい

リフォームについて

棚

元々リフォームとは修繕の意味を持っており、その意味通り人類が住居に住むようになって以来、そのメンテナンスとして修繕が常に繰り返されてきました。そのためリフォームの歴史は、そのまま人と住まいの歴史と同じ歩みを続けます。 現代のリフォームでは増改築から設備交換、エクステリアの施工まで幅広く行いますが、そのような形になったのは日本では1960年代末から1970年代初めにかけてだと言われています。 1960年代末になると、団塊世代の結婚期や好景気によって住宅着工件数が急増します。1969年には大手の不動産会社が住宅リフォームの専門会社を立ち上げるなど、本格的な施工を行う専門業者の需要が高まります。以降も住宅需要の増加にともなってリフォーム工事の需要も伸び続け、現在のように多数の専門業者や関連業者が活躍するに至っています。

リノベーションとは近年多く業界関係者などが口にしている言葉で、その定義はあいまいですがリフォームの一種であり、意味合いとしては元の機能やデザインを得るための修繕工事ではなく、住宅に新たな機能を付加したり、デザインの大幅な変更を共なう施工とされています。 そのような施工を行う目的が、ライフスタイルに合わせた住まいの実現であり、その手段を特別にリフォームと分けてリノベーションと呼ぶケースがあります。住宅の機能を変更、追加したり間取りを大きく変更することが多く、見た目も大きく作り変えるケースがよくあります。 今後のリフォーム需要において、このライフスタイルに合わせた改築である、リノベーションは住宅の個性化が進む中で、さらに需要が高まると見られています。