部屋を綺麗にする為に必要な情報を知りたい

費用の相場とは

掃除用具

換気扇と言ってもいろいろ種類があり、大きさなどによっても換気扇修理にかかる費用は大きく異なるようです。キッチンのレンジフードの換気扇修理の場合は使用しているメーカーにもよりますが一般的には2〜3万円が相場のようです。羽根だけの交換などで済む場合には5千円程度でおさまる場合もあります。簡単な修理や取り替えの場合はホームセンターで部品を買ってくることで素人でも行うことができます。その場合は2〜3千円で換気扇修理が修理できる場合もあります。 浴室の換気扇の場合は後方や仕上げ、その他の状況によって価格が異なります。一番多い価格帯は2〜4万円となっていますが、浴室乾燥機能がついているものなど製品によっては15万円以上かかる場合もあるようです。 浴室の換気扇の場合は個人での換気扇修理は難しいです。

換気扇が最初に設置されたのは大正時代です。当時は人が多く集まる映画館や病院などにしか設置されていませんでした。また、進駐軍向けに出荷されていたこともあるようです。 一般家庭で多く使われるようになってきたのは、日本住宅公団が団地を建て始めた頃です。公団から各家電メーカーに開発依頼が出されたと言われています。 その後、冷暖房器などが普及し住宅の高機密高断熱化が進むにつれて換気のシステムも変化し始めます。結露対策のための湿気の排出が必要となり「空調」の考え方が始まります。 2003年に建築基準法が改正され、住宅では24時間常時換気設備を設置しなくてはいけないと義務づけられてからはどの家庭にも換気扇が設置されています。